スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの貧困が深刻 -社会的サポートの強化を!

  今年の夏、厚生労働省が2012年の「子どもの貧困率」を公表し、過去最悪の16.3%であることがわかりました。大人も含めた「相対的貧困率」も悪化しているのですが、統計調査の開始以来初めて子どもの貧困率が相対的貧困率を上回ったとのことです。その原因は、母子世帯が増え、その働くお母さん方の多くが低賃金・不安定の非正規雇用であることが大きく影響しているようです。

子ども


一人親家庭の場合、低賃金・不安定である非正規の仕事を一つだけでは、当然生活することができないため、仕事を2つも3つもかけもちをして頑張っていらっしゃいます。たいへん忙しい中にあって、体は1つですから、なかなか学校行事に参加したり、あるいはお子さんとの日々のコミュニケーションが図ることが時間的に難しいご家庭もあります。そうなりますと、お子さんが学校でいじめられてもなかなか気付いてあげることができず、またお子さん自身も多忙な母親に心配をかけまいと学校であったことを相談しなくなり、行き詰った子どもは不登校になったり「引きこもり」になったりするケースがあるようです。

日本の働く人の内、約1/3もの人が今や低賃金・不安定な非正規雇用という実態があります。こういったあまりにも過酷な状況が広がっていく中で、子どもたちへの影響が「子どもの貧困」という形で表れてしまいました。私たちは、まず「食べることの心配」をしなければなりません。食べることの心配をしっかりと解決しなければ、「教育」にまで目を向けることはなかなか難しいのではないでしょうか?教育にまで目を向けることのできる生活・社会環境の整備が必要です。

そのとっかかりの一つとなるのが、スクールソーシャルワーカーだと考えています。スクールソーシャルワーカーは、子どもたちと向き合い、家族・家庭、学校、区などの行政、福祉施設や地域社会などと連携、あるいは中に入って子どもたちを取り巻く環境をより良くするために支援を行う人のことです。子どもたち、親が気軽に何でも相談できる相手、あるいはその子のことを日々見守り、気がかりなことがあればすぐに動くことができる人として今たいへん注目されています。

しかし、板橋区ではまだ学校に常勤のスクールソーシャルワーカーいません。学校緊急対応チームというものが教育委員会のもとにあり、電話相談や学校訪問などを行っておりますが、それぞれの学校に常勤しているわけではないので、なかなか「気軽に」あるいは「気付いてあげる」というわけにはいかないようです。

自分からはなかなか言い出せない子どもたちに対し、子どもたちを取り巻く様々な問題を社会の中で見つけ出し、すくい出すということが板橋区には求められています。


【ことば】
子どもの貧困率
国民一人とひりの年間収入から税金や社会保険料を引いた「実際に使える金額」を少ない方から多い方へと順番にならべ、真ん中の額(中央値)の半分の額(貧困線)を下回る世帯で暮らす18歳未満の子どもたちの割合。
2012年の貧困線の額は122万円。子どもの貧困率は16.3%。
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。