スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら原発1000万人アクション「原発さようなら集会&パレード」

さようなら原発1000万人アクション「原発さようなら集会&パレード」に参加しました。
とにかく参加者数がすごかった!主催者発表で6万人!
会場の明治公園に入りきれないほどの人々が参加されました。

集会状況
<鮨詰状態。会場最寄駅の千駄ヶ谷駅まで参加者があふれたとのこと>

9.19脱原発集会②
<会場内でも多くの座れない人が>

脱原発の熱い思いでムンムンの会場の中、集会が始まり、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎さん、作家の落合恵子さん、ルポライターの鎌田慧さん、経済評論家の内橋克人さん、作家の澤地久枝さん、FoEドイツ代表のフーベルト・ヴァイガーさん、俳優の山本太郎さん、ハイロアクション福島原発の武藤類子さんのスピーチがありました。
とくに、ハイロアクションの武藤さんの時折嗚咽をもらしながらのスピーチからは、多くの福島の人々の苦しい状況、辛い状況、悔しい気持ちを強く受け止めることができました。

9.19脱原発集会③
<「原発をなくすために、さようなら原発1000万人アクションに参加を!」と訴える大江健三郎さん>

集会終了後、デモ(今風にはパレード)に出発するわけですが、私が加わった社民党の隊列の出発は一番最後。集会終了後、3時間経ってからやっとスタートしました。
出発に時間がかかったのは、「スタート地点でデモ隊を100人ずつに警察が分断してるからだ」と誰かが言っていた。待っている間にスタート地点を見に行ったが、確かにその通りにやっていた。

しかし、とにもかくにも集会終了約3時間を待ってデモ行進スタート。
明治公園から神宮球場を左に見ながら、外苑前交差点を曲がり、表参道を通って、宮下公園のガード下から渋谷の街に入り、代々木公園に至るコースをシュプレッヒコールを上げながら1時間少々かけて歩きました。
私たちのコースの他にも2コースあり、私たちが出発する時でも、他のコースの隊列はまだ出発出来ずにいたので、どれだけ参加者が多いかここでも身をもって知ることができました。

また、デモの途中私もシュプレッヒコールのリード役をやったのですが、いつやっても緊張する役回りです。

9.19デモのリード
<藤田国立市議、私、市来杉並区議>

この集会&デモの成功で一段落とせず、脱原発の取り組みは、それが実現するまで継続しなければなりません。
「さようなら1000万アクション」は、今後も署名活動という形でまだまだ続きます。
野田首相は、どうやら脱原発の意志はないようですが、脱原発・自然エネルギーへの転換に向けて、一層頑張っていきましょう!
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。