スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習支援活動

5月の連休明けから、経済的な面や家庭環境など様々な面で学校の授業についていけず、なおかつ学習塾にも通うことができず、「勉強をするという環境が整わない」がゆえに高校に「行きたくても行くことのできない」、「行くことをあきらめざるをえない」子どもたちに向けての「学習支援」の取り組みを始めました。

「無料塾」と言った方がわかりやすいかもしれません。
昨年の夏ごろに友人からこういった取り組みが各地で広がっているので、ぜひこの板橋においても行いたい旨、相談を受け、この春から動き出しました。なぜ、この友人がこの様な取り組みに注目したかと言えば、昨年ご自身に受験生がいて、その子から学習塾に行きたいと言われたとの事。けれども、商業塾に行かせられるだけの経済的な余裕がなかったため、荒川区の無料塾に通わせていました。さすがに、中学生が板橋から荒川区の日暮里や三河島まで行くのは遠すぎる。しかし、板橋区には無料塾がなかったので、ご自身の経験によるその必要性から板橋区内での設立を模索されたとの事でした。

板橋区の生活保護受給世帯は事実上23区中2位、就学援助も多くの方が受給されている、しかし子どもを高校に入学・通学させるには多額な教育費が必要、就職難の時代の中で現実問題として高卒以上でなければ一段と就職が難しい、という板橋区&社会全体の現状を考えたとき、一人でも多くの子どもたちの選択肢の幅を広げるために、私たちが大人としてできることの一つがこの「無料学習塾」「学習支援」なのではないだろうかと思っています。

板橋区においては、教育委員会がフィードバック学習という取り組みを全ての区立小・中学校で行っています。学力の底上げを目指しての取り組みとの事。私の勝手な解釈では、「少数のエリートを育成する」というよりも「全体として向上していく」という様に見えます。そうだとするならば、このフィードバック学習方式という取り組みは、私たちの取り組みとも共通する考えだと思います。こういった行政の取り組みもありますので、あくまでも学校での勉強を基本として、その補助・サポートの一翼の内ほんの小さなところを担うことができればと考えております。

6月から生徒1名でスタートしました。
てきぱきと大変機動力のある仲間、アイデア抜群の仲間、交通費も惜しまず駆けつけてくれる仲間、こういった多くのボランティアの皆さんに恵まれ、ようやく始めることができました。
子どもたちの居場所作りから始めて、この塾に来ることが苦にならない様な雰囲気をつくっていけたらと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。