スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一歩は放射線量の測定。二歩目はモニタリングポストの設置。

板橋区においても、6月13日から放射線量の測定が始まりました。
健康面での問い合わせが区民の皆さんから大変多く寄せられたため、実施に至ったとのことです。

これまで新聞等に載っていた「東京」の放射線量は、いわゆる新宿のでのものであって、板橋区内の数値ではありませんでした。区内での測定がはじまれば、より身近地域での情報をつかむことができます。
以前、新河岸の下水処理施設の焼却灰から通常よりも高い放射線量が検出されたとの報道もありました。こういった事実がある以上、注意深く測定結果を見ていく必要があります。

放射線量は、風向きや天候によって刻一刻と変わるものとのこと。
現状の測定は、平日の午前10時に限ってのみおこなわれており、その他の時間帯の放射線量がどのくらいなのかは測定されておらず、分からないのが実態です
福島第一原発事故の終息の見通しは立たず、今後どういう事態になっていくかまだまだ分からない中、より一層正確な放射線量を把握しなければならない必要がでてくるものと思います。現状の測定方法では、正確性に限界があります。私は、是非とも板橋区内各地に放射線量を24時間監視することのできるモニタリングポストの設置とその結果のリアルタイムの報告が必要であると考えています。

区独自の測定には正確性に限界があるとはいえ、区民の皆さんの多くの声によって一歩前進しました。これを二歩目に進めるため、より一層大きな声を上げていきましょう!



関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。