スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.11脱原発100万人アクション!に参加

先日お知らせした「6.11脱原発100万人アクション!」に私も参加したきました。
日中は、芝公園から出発するデモに参加し、夜は新宿アルタ前の集会に参加しました。

6.11芝公園
<芝公園での集会。社民党や福島みずほ事務所も参加(写真の中に旗あり)>

芝公園での集会&デモには、約6,000人もの方が集結されたとのこと。
デモの最中には、飛び入り参加する人も大勢いたので、実際はもっと多かったのではないかと思います。
デモコースは、
芝公園→愛宕山→虎ノ門→資源エネルギー庁前→経済産業省前→日比谷公会堂裏(日比谷公園)→東電本社前→数寄屋橋交差点→東京駅八重洲口前→常盤橋公園(日銀脇)。
蒸し暑い中、かなりの長距離でしたが、「原発いらない!」「政府は情報を開示しろ!」「児童の年間許容被爆量20ミリシーベルト撤回!」などシュプレヒコールを上げながら、熱気むんむんのデモ行進でした。
一方、新宿でも脱原発デモをやっていたのですが、こちらは更にすごく、約20,000人もの脱原発を訴える人々が結集したのこと。

夜は、東京各地でデモや集会に参加した人たちが、新宿アルタ前に集結して集会を行いました。
お昼休みのうきうきウォッチングで有名な「新宿アルタ」ですが、この界隈は背後に歌舞伎町を抱えているため、いつもすごい人出でにぎわっています。しかしこの日ばかりは、通常よりも一段と人波も熱気もすごかった。

6.11アルタ前①
<新宿アルタ前。参加者がどんどん押し寄せてくる>

福島みずほ社民党党首、阿部知子社民党政審会長、市来とも子杉並区議、石川大我豊島区議もステージ(車)上で脱原発の訴えを行っていました。

6.11アルタ前②
<新宿アルタ前。社民党政審会長・阿部知子衆院議員の演説を聴く>

6.11アルタ前③
<新宿アルタの壁に重要なメッセージを投影されていた>

あまりテレビや新聞はこの「6.11アクション」を報道していませんが、この取り組みでも明らかなように、「脱原発・再生可能エネルギーを増やす」という思いを持つ人たちが、福島原発事故を機に以前よりも急激に増えたことは事実です。それは、観念として「原発は危ないから」ということで増えたのではなく、実態としての「放射能汚染」を目の当たりにして、「命を守りたい」という人間の素直な感情だと思います。上の写真にもあるとおり、子どもの年間の被曝量を20ミリシーベルトの撤回を求めるのも当然です(20ミリシーベルト/年というのは、原発関連で働く人たちが白血病になるかもしれないといわれている数値とのことです)。

資料
社民党脱原発アクションプログラム
社民党のエネルギー政策
大規模洋上風力発電
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。