スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北災害支援ボランティア④

ボランティア三日目は、気仙沼市唐桑町で、路上にたまっている瓦礫や品物の選別・撤去作業を行いました。
二日目の仙台市内の農家での瓦礫撤去作業終了後、その足で、約200キロ弱離れた気仙沼市に車で向かいました。気仙沼に到着したのは夜9時過ぎ。この日は、前気仙沼市議会議員の山崎睦子さんのお宅に泊めていただきました。翌朝、朝食をご馳走になり、気仙沼市の中心部から、唐桑半島に向かいました。

気仙沼_山崎睦子元気仙沼市議と
<気仙沼で泊めていただいた山崎睦子前市議と>
気仙沼での作業は、市議会議員の村上すすむさんの指揮で行いました。
家屋や工場の残骸・鉄骨・梁・畳などの瓦礫もさることながら、業務用大型冷蔵庫等の大物から、家電製品や生活雑貨等の小物やゴミまで、打ち捨てられた量が半端なく、それぞれ選別・仕分けをしての撤去作業となりました。
瓦礫の中からは、写真や通帳、入れ歯なども出てきました。人々の平穏な暮らしの名残を見るたびに、胸の詰まる思いがします。

気仙沼市唐桑町の瓦礫①

気仙沼市唐桑町の瓦礫②

気仙沼市で瓦礫撤去
<路上の瓦礫等・撤去作業>

気仙沼市議村上すすむさんと
<左から本田ゆみさん(札幌)、砂山亮子さん(練馬)、村上市議、そして私>

作業中、地元の方々から差し入れをしていただいたり、飛び入りで作業に参加される方もいました。また、中には避難所から作業に来ている方々もいらっしゃいました。こんなにも辛い思いをされているのに、黙々と作業を行っている地元の皆さんの気丈な姿にも胸を打たれる思いをしました。

また、この日の作業から、社民党尼崎総支部(兵庫県)の内山さんも合流されました。

関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。