スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北災害支援ボランティア②

東北災害支援ボランティア行動の一日目は、仙台市若林区三本塚地区の特別養護老人ホームで復旧のお手伝いをしました。

若林区には南北に東部道路という有料道路が走っており、この東部道路の海側には、津波による筆舌しがたい「惨状」が広がっていました。私たちがお手伝いした特養ホームは、この東部道路から海側に少し行ったところにあります。

三本塚田んぼ③

三本塚田んぼ①

三本塚田んぼ②
<三本塚地区の瓦礫や汚泥をかぶった田畑>

東部道路を越えて三本塚地区に入った途端、とても異様な臭いが瓦礫や汚泥をかぶった田畑からしてきました。
当初、マスクをしないで作業をしていのですが、持参した防塵マスクをして必ず作業をする様に現地の方から厳しく言われました。
アスベストや有害なバクテリア、化学物質等が飛散している可能性が捨てきれないために防塵マスクの着用が必須なのですが、この様な悪い環境の中にあって、この特別養護老人ホームの利用者の方や職員の方は、少なくとも新しい施設が内陸部にできるまでの間、だいたい2年ぐらいは、当地にとどまらざるを得ないとのことでした。

三本塚特養建物
<お手伝いした三本塚地区の特養ホーム。1階部分は津波が浸水>

汚泥にまみれたロッカーやテーブル、デスク、椅子、棚などを、洗ってから消毒をして、4階から2階までの各階に運びました。水道は復旧しているのですが、電気がまだ復旧していないので、階段で大物を運ぶ作業を行いました。

三本塚特養手伝い④

三本塚特養手伝い②

三本塚特養手伝い③
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。