スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街と個人商店への応援を!

地域経済を考えた時、どうしても地域の商店街や個人商店の存在を抜きにすることはできません。商店街や個人商店は、地域経済を支えるたいへん重要な柱の一つです。しかし、現状、大規模スーパーやチェーンの飲食店に押されて、たいへん厳しい状態になっています。

私の両親も志村三丁目で飲食店を細々と営んでいますが、周りにファストフードチェーン店ができたり、チェーンの居酒屋ができたからか、それ以前より相当売上げが落ち込んでしまいました。お客さんに飽きがこないように、いろいろ工夫を凝らしてやってはいるのですが、なかなか以前のようにはいかないようです。また、志村三丁目で言えば、それまで2軒あった個人経営の薬局(品ぞろえには申し分なかったのに)も家電量販店の中に大規模な薬局ができたせいか、残念ながらなくなってしまいました。

昔からやっているあるお魚屋さんからも、「大規模スーパーの低価格攻勢やポイント攻勢に押されてたいへん厳しい。ポイントの代わりにゴミ袋を1枚サービスで付けているが、なかなか追いつきません」というたいへん厳しい声をうかがいました。それでも、鮮度と品質、そしてお客さんとのコミュニケーションを通じて、「がんばっていく!」とおっしゃっておられた気丈な姿勢に、思わず一瞬涙ぐんでしまいました。

大規模チェーン店と共存共栄している商店街や個人商店も少なくありません。
しかし、「大店法による規制」が大幅に緩和されて以来、大規模店に小さな商店がどんどん駆逐されているのも事実なんです。商店街や個人商店は、先日のブログに書いた「朝市」などのように様々な工夫を凝らしてお客さんの呼び戻しにがんばっています。ぜひとも、板橋区政においても、地域経済の発展のために、より一層地域の商店のみなさんを応援していかなければならないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。