スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保改定50周年・「沖縄は問う」北部集会に参加しました!

久しぶりの更新です。
先週末から急に体調を崩してしまいましたが、どうにか昨日あたりから復活してきました。
さて、昨日は、板橋・北・豊島・練馬の市民グループや労働組合などで企画した「安保改定50周年・『沖縄は問う』北部集会」に参加しました!

社民党の森原秀樹さん(服部良一衆議院議員の政策秘書)が、沖縄・普天間基地移設問題のこの間の経緯の報告と、移設をとりまく様々な動きについてご報告されました。

「沖縄の人たちが『自らの未来を自分たちで決められない』状態に終止符をうち、安保の矛盾を沖縄に押し付ける構造に終止符をうとう」とおっしゃられたことは、まさにその通りだと思います。沖縄の人たちは、長年私たち内地の人(沖縄の方言ではヤマトンチューというとの事)やアメリカに翻弄され続けられています。日本国土全体から考えて、その1割にも満たない面積に、在日米軍基地の7割が集中しているという現実は、どう考えても異常です。私たち内地の人間は、見てみないふりをして、過重な負担を沖縄に押し付けていたのではないでしょうか?

現在沖縄県知事選が行われています。社民党が推薦し、私も応援している候補者(沖縄社会大衆党・共産党・国民新党・そうぞうも・新党日本も推薦)が勝利すれば、普天間基地移設・辺野古への移転に関する日米合意の撤回、再交渉の実現に一歩でも二歩でも近づきます。安全保障の負担を、より多く沖縄や米軍基地のある日本各地に押し付けるのではなく、日本の安全保障をどう日本全体で責任を持って行っていかなければならないのか、TPPなどの経済問題とも連関させて、改めて考え、議論する必要があると思います。
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。