スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回JHC板橋ユーザー会議「自分の歩幅でゆっくりと ~明日を夢見て~ 」に参加しました!

板橋で「精神障がい者の社会参加をはじめ、先駆者的創造的な福祉活動を進め、広く区民の心と健康と福祉に寄与することを目的に1983年に設立された民間の支援団体」であるJHC板橋会の第17回ユーザー会議に参加し、当事者のみなさんが、自らの悩みや問題をどのように解決していったのか、お話・講演を聴いてきました。

お話を聴いていて、改めて実感したことは、やはり「仕事の大切さ」でした。
「仕事をするのが生きがいとなり、生活を充実させる。努力をつづけていけば、毎日少しずつ前に進んでいける」と、ある発表者の方が言っておられました。
働くことによって、「人に必要とされている」と思えることが重要(心の安定が得られる)で、更には賃金を得ることで、生活的にも自立することができる。しかし、障がい者の皆さんの就労は現状なかなか進んでいません。どうにか、この状況を打開するために、私も障がい者のみなさんの就労支援に取り組んでいきたいと思います。

また、「ピアサポート活動」という取り組みを始めて知りました。当事者同士が助け合うという取り組みです。この講演の中で、具体的にピアサポートとしてできることを提案された方がいらっしゃいました。提案内容のすべてではありませんが、次のとおりです。
①当事者自身が自分の体験を伝える。
②自分の病状を伝えることで、病気の解明につながる様な情報提供に協力する。
③医療や福祉制度、福祉サポートをよりよく改善するために、要改善点を訴える。
④ほかの当事者の相談にのったり、手助けをしたりする。
とても具体的で、とても重要な提案だと思いませんか?

私はまだまだ不勉強な点がありますが、障がい者のみなさんをサポートすることのできるより良い体制・環境をつくるために一生懸命頑張ります!ぜひともまた、勉強させて下さい!
関連記事
スポンサーサイト
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。