スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争反対!命を守れ!板橋集会 ―福島みずほ参院議員を講師に

 戦争法が多くの市民、労働者、若者、文化人が反対するなか、国会での暴力的な強行採決という形で成立してしまいした。
 私も事務局のメンバーとして参加する戦争をさせない板橋1000人委員会では、戦争法をめぐるこの間の国会内外の経過を改めて振り返るとともに、戦争法をなくす、あるいは戦争をさせないために、地域で生きる私たちが何をしたら良いのか?ヒントにできるような集会を開催することにしました。
 地元・板橋から「戦争反対!命を守れ!」を力強く、粘り強く訴え続けるためにも、ぜひとも皆さまのご参加をお待ちしております。

日時 : 10月14日(水) 18時30分~

会場 : グリーンホール601
※大山駅・板橋区役所駅よりそれぞれ徒歩5分

発言 : 福島みずほさん(参議院議員)
      総がかり行動実行委員会から

主催 : 戦争をさせない板橋1000人委員会

資料代 : 300円
スポンサーサイト

2082名のご支持を胸に -新たなスタートに向けて

この度の板橋区議選において、2082名の方からご支持をいただきました。本当にありがとうございました。

たいへん多くの皆さまに広げていただき、こんなにも多くの方からご支持をいただくことができました。しかし、当選には至らず、皆さまのご期待を裏切る結果となり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

誰も置き去りにされない板橋区、一人ひとりが本当に大切にされる板橋区、働く人の努力がしっかりと報われる社会の実現のために、板橋区政の中で介護、子育て、労働、そして斜面の総点検や平和都市宣言の更なる進展、犬猫殺処分ゼロなど、地域の課題や命を大切にすることなどをしっかりと取り組む様、訴えを続けてまいりました。

力及ばす当選には至りませんでしたが、今後も板橋区政の中に区民のお一人お一人の小さな声がしっかりと反映される様、引き続き地域の中で活動を続けてまいります。

誰も置き去りにしない板橋区を!

2015板橋区議会議員選挙が終わろうとしています。

この四年、大変多くの方のご協力をいただいて、活動することができました。本当に感謝に耐えません。

誰も置き去りにしない板橋区
一人ひとりが本当に大切にされる板橋区
働く人の努力がしっかりと報われる社会
を実現するために、
地域のみなさん、働く多くのみなさんとともに一生懸命頑張ってまいります!

現在、地元・志村三丁目駅頭に立ち、肉声にてご挨拶をしています。今日は許されている23時59分まで続けます。
どうか、どうか、みなさまのご支援・ご支持、何卒お願い致します。

板橋区議選 最終日を明日に控えて!

社民党の小山ひろゆきです。

板橋区議選も明日がいよいよ最終日となりました。
これまでの六日間、たいへん多くの方々からたくさんのお声を直接うかがうことができました。

そのなかでやはり、改めて自分がこの区政のなかで行うべき事が、子育てや介護、これを本当に区民本位のものにすることだと思いました。そして多くの働く人たちの努力がしっかりと報われる社会に向かうこと、改めて痛感をしました。

私が生まれ育った大好きなこの板橋区、誰一人置き去りにしない板橋区をしっかりとつくってまいりたいと思います。
最終日の明日、どうか私、小山ひろゆきの訴え、耳を傾けてください。
全力で最後まで頑張ってまいります!!

小山ひろゆき 政策

バナー政策

【誰も置き去りにしない板橋を!】

大事なのは、
介護 子育て くらし

①自分でえらべる・利用者中心の介護へ

②子どもが優先される施策を

③無理なく、いきいき暮らせる街づくり



【介護】

特別養護老人ホームや小規模多機能型居宅介護施設を増やします

在宅介護、家族介護者支援を充実させます

介護従事者の処遇改善

いくつかの「おとしより相談センター」は、区の直営にして、介護事業所紹介の公正さと利用者の選択権を確保します

気軽に何でも相談できる「身近な福祉の窓口」で、介護・福祉の問題をワンストップ解決へ




【子育て】

安心して預けられる「あいキッズ」へ

児童館から小学生の排除に異議あり!小学生の放課後の過ごし場所に選択肢を

保育の質を確保しながら、保育待機児ゼロへ

認可・認可外の保育料の格差、保育の質の格差の解消へ

子どもの貧困をくいとめるために、スクールカウンセラーを学校に常勤させます

児童虐待予防プログラムを積極的に導入します




【くらし】

最低賃金1500円を板橋区政から。区が委託する民間事業者やその下請事業者等との適正、公正な契約制度の確立し、区内中小企業をしっかりと応援するとともにそこで働く労働者に「暮らすことのできる」賃金を保障。それによって、地域で働く人=地域の消費者の懐が暖かくなれば、地元の商店や食堂を利用する機会が増え、地域におカネが循環します。賃上げと公正な契約制度の確立は、最良の経済対策

地震や豪雨による地滑りが心配。傾斜地、斜面の総点検を

町会や商店会などの地域と連携して防災まちづくりの更なる推進を

若者の就労支援を充実させます。マッチング後のアフターケアも

障害者の就労支援を拡充させます。働きたい人を応援します

犬・猫殺処分ゼロ!虐待防止へ

新庁舎からの福祉事務所の排除に異議あり

板橋区男女平等参画基本条例をさらに充実させます




【原発再稼動を許さない!】

2011年に起こった福島第一原発事故は、私たちに大きな不安をもたらしました。今もなお日々大量の汚染水が出ている現状があります。また、原発が再稼働した場合、板橋区内が再び「核燃料輸送車」の通過経路となってしまいます。もし万が一、多くの核燃料を積んだトラックが事故を起こしたらと思うと恐ろしくてたまりません。
核燃輸送車

隣り合わせの危険や不安から、私たちの子どもや孫を守り、安全、安心の未来を残すため、自然エネルギーへの転換を板橋区政が積極的に後押しし、脱原発・クリーンエネルギーの板橋区へと進んでいくことが、いまに生きる私たち大人の責任であろうかと思います。
子ども  介護

ストップ!
原発再稼動  戦争のできる国づくり


小山ひろゆきは、子どもや高齢者、障害者、女性、そして額に汗して働く多くの人たち、働きたいと思っている人たちが、けっして置き去りにされることのない板橋区政を目指して日々まい進しています。
バナー

社民党板橋総支部・幹事長
ぬくもりある板橋をつくります![→プロフィール詳細]

連絡先

[→小山ひろゆき志村事務所]

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。